O'Jizo website

O'Jizo OFFICIAL WEBSITE

The Irish Traditional Music Unit from Japan.

ABOUT

O'Jizo

Members are
Kozo Toyota,
Koji Nagao,
Hirofumi Nakamura.

2008年結成、豊田耕三、長尾晃司、中村大史によるアイリッシュ・ミュージックのインストルメンタル・バンド。 アイルランドの音楽を中心に、メンバーそれぞれの表情豊かなオリジナル曲も演奏する。それぞれのバックグラウンドに裏打ちされた確かなテクニックを基盤に、伝統音楽の枠を超えたスケールの大きな演奏やアレンジを展開しながら、その温かくエネルギーに満ちあふれた音楽で幅広い層を魅了している。
2008年、ライブレコーディングアルバム「Live at KENNY’s」(未流通)発表。2010年、コンピレーションアルバム「TOKYO IRISH GENERATION」参加。2011年、初のアルバム「Highlight」発表。その後、フィドルの内藤希花が活動休止となり、3人編成となる。 首都圏各地のアイリッシュ・パブをはじめ、学校での芸術鑑賞会や屋外イベント、海外のダンサーを交えての演奏、全国各地でのツアー等様々な場所で演奏している。
2014年、テレビ東京「オレゴンを歩く〜LONG TRAIL HIKING〜」テーマソングを担当。
2016年10月、アメリカ・ポートランドにて現地のミュージシャンを交えての録音を敢行。同ツアー中、ワシントン・Ocean Shoresで開催された「Galway Bay Celtic Music Feis」に出演。

O’Jizo are the instrumental band of Irish music, from Japan, since 2008. Members are Kozo Toyota - Flute, Koji Nagao - Guitar, and Hirofumi Nakamura - Bouzouki and Accordion. They play not only Irish music but also original tunes composed by themselves. Their performance fascinates a wide range of fans with various kinds of arrangement and large scale music filled with energy. They released “Live at KENNY’s” in 2008, "TOKYO IRISH GENERATION” - compilation album in 2010, and “Highlight” in 2011. Since then, Mareka Naito - Fiddle, has taken a long rest and O’Jizo have been a three piece band. They have a lot of gigs in Irish pub in Tokyo, and besides they play at school concerts, festivals and so on all over Japan, sometimes with dancers from overseas. They composed and recorded the theme music of TV program, "Walking in Oregon - Long Trail Hiking -" by Colombia, in 2014.

Latest ALBUM

Highlight / O'Jizo

Highlight / O'Jizo

2011.10.12 SALE ¥2,376 [tax in]
O’Jizo初のアルバム作品。旋律楽器3つ、或いは旋律楽器2つと伴奏楽器2つによる、アイルランド伝統音楽特有のユニゾンアンサンブルの迫力は圧巻。more information AMAZON.co.jp

MEMBER

長尾 晃司
Koji Nagao
長尾 晃司
Guitar
アイルランド西海岸の街、エニスにて毎夜行われるセッションの中でアイリッシュギターを学ぶ。現在もアイリッシュパブ仕込みの無骨でいてノリの良いギタースタイルを持ち味として、HARMONICA CREAMS, tricolor, MODERN IRISH PROJECT等のグループに参加。自身の参加グループで2012年から毎年スペインのガリシア、アストリアス地方のケルト音楽フェスを回るEUツアーを慣行。現地でも高い評価を得る。

Koji Nagao started to learn to play Irish music with guitar at several sessions in Ennis, co.Clare, Ireland. He is good at making sharp rhythm in the groove. He is a member of HARMONICA CREAMS , tricolor , MODERN IRISH PROJECT and so on. His band go to EU to take part in Celtic music festival in Galicia and Asturias every year since 2012 and receive high praise.

http://irishguitar.jugem.jp/
豊田 耕三
Kozo Toyota
豊田 耕三
Irish Flute & Whistles
東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。谷村新司、ゆず、NHK 連続テレビドラマ小説『ゲゲゲの女房』、坂本龍一+中谷美紀、葉加瀬太郎、小林明子、Kokia各氏、他多数の録音に参加。日本人として初めてオール・アイルランド・フラー・キョールのコンペティション本戦に出場。アイルランド国内の複数のフェスティバルに参加し、国営放送を始めとする各種メディアに取り上げられる。2014年、アイルランド大使公邸において皇后陛下の御前で演奏し絶賛される。O’Jizoの他にToyota Ceili Band、とらとらとら等複数のユニットを主宰し、詩と音楽のコラボレーショングループVOICE SPACEに参加する他、地元千葉県船橋市の二宮神社のお囃子神楽連にも所属し、篠笛を中心に伝統芸能の担い手としても活動中。

Kozo Toyota is born in Tokyo in 1981. B.A. in Musicology and Master of Music Education in Tokyo University of the Arts. He started to learn Irish music when he was 24 years. He founded O’Jizo, Toyota Ceili Band, ToraToraTora and so on, several music units. He is also member of VOICE SPACE, new style poetry leading and music group. And besides he plays Japanese traditional music with mainly bamboo flute at Ohayashi and Kagura team in his local shrine, too. He took part in a lot of recordings of musicians, singers, movie, TV drama, TV program and TV game. He is the first Japanese who played at competitions of All Ireland Fleadh Cheoil. He took part in a lot of music festivals in Ireland and was picked up by media like RTE. He performed in the presence of Her Majesty the Empress Michiko and received high praise from her.

http://www.kozo-toyota.com/
中村 大史
Hirofumi Nakamura
中村 大史
Accordion & Bouzouki
幼少期よりピアノに親しみ、その後ギター、ブズーキ、アコーディオン、マンドリンを演奏するマルチプレイヤーとなる。tricolor, John John Festival, O’Phan 等数々のアイルランド音楽バンドのメンバーとして活躍する一方、シンガーソングライターやバンドへのライブサポートや録音参加、アコーディオンデュオmomo椿* では芝居やコンテンポラリーダンスの音楽を担当する等活動は多岐に渡る。 北海道生まれ、東京芸術大学音楽環境創造科卒。 2013年、ミュージカル「100万回生きたねこ」出演。2014年、Illawarra Folk Festival(オーストラリア)出演、Inbal Pinto & Avshalom Pollak Dance Company(イスラエル)「WALLFLOWER」出演。 2015年春、吉祥寺に「食堂・音楽室 アルマカン」をオープン。

Hirofumi Nakamura was born in Hokkaido. He started to play the piano when he is very young. Through his student days, he became a multi player, who can play the guitar, the bouzouki, the accordion and the mandolin. He is a member of several Irish music bands, like tricolor, John John Festival, O’Phan and so on. He also plays as support musician for several singer song writers, bands and recordings. And besides, he is a member of a accordion duo, momo Tsubaki*, that compose and play music for drama and contemporary dance. He played at a musical "The cat that lived a million times” in 2012. He performed at Illawarra Folk Festival in Australia, and played at “WALLFLOWER” by Inbal Pinto & Avshalom Pollak Dance Company in 2014. B.A. in Musical Creativity and Environment in Tokyo University of the Arts.

http://hirofuminakamura.com/

CONTACT

演奏のご依頼、お問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文